WEB デザイン修行

数年ぶりの真剣に最近のWEBのデザインに関して調べたり、勉強もしました。
今更?こんな紹介を書いて笑われるのを覚悟しながらも、自分が感動した素晴らしいフレームワークを紹介したいと思う。

厳密に言うとデザインを勉強したのではなくて、画面を表現するフレームワークと言った方が正しいです。

最初は中国のJDのHTMLを解析したのですが、一か月程色々試したが、活用できる知識としては少なかった。

少し悩んでいる時、GoogleがMaterial Design Liteを公開するとの記事を見てそれを色々試してみた結果、これで行けると判断。

・特徴:CSSだけで、大きさが違うスクリーンでの表示を制御できるのと、Googleのシステムのデザイン風の画面デザインができること

その後Material Design Liteで少し画面を作ったいる最中、やはりリストの表現等でまた妙に足りない感じになり、出会ったのがBootStartup

Bootstrap :Originally created by a designer and a developer at Twitter, Bootstrap has become one of the most popular front-end frameworks and open source projects in the world.

Twitterから生まれた素晴らしいWeb画面作成ツール、そしてもっと素晴らしいのは世界各地のディベロッパー達が共有した豊富な素材、Material Design Liteとも共存できるのも確認ずみ。

皆さんもぜひこの2つのWeb画面構築用のフレームワークと出会ってみてください。

そのレイアウトに関した盛業の自由さに必ず感動すると思います。

 

Google Material Design Lite  URL:

http://www.getmdl.io/index.html

Bootstrap  URL:

http://getbootstrap.com

 

作者達とこんな素晴らしい製品を無償でOPENする2社に感謝しております。

Arduino + Bluetooth 4.0 Module BLE(RF-BM-S02) 実験

Arduino Source
注意点:
①該当モジュールのシリアル通信速度はデフォルトとして
115200bpsです。これが原因で私は最初失敗を繰り返しました。

②該当サンプルソースには以下のLibralyを使いました。(必須ではないです)
AltSoftSerial Library
https://github.com/PaulStoffregen/AltSoftSerial

③スマートフォン側の通信ソフトは

Android App:BleScaner
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.macdom.ble.blescanner&hl=ja

#include <AltSoftSerial.h>
#include <ctype.h>

// AltSoftSerial always uses these pins:
//
// Board          Transmit  Receive   PWM Unusable
// —–          ——–  ——-   ————
// Teensy 3.0 & 3.1  21        20         22
// Teensy 2.0         9        10       (none)
// Teensy++ 2.0      25         4       26, 27
// Arduino Uno        9         8         10
// Arduino Leonardo   5        13       (none)
// Arduino Mega      46        48       44, 45
// Wiring-S           5         6          4
// Sanguino          13        14         12

AltSoftSerial altSerial;

//BRTS TO LOW : MCU SEND DATA START
//BRTS TO HIGH: MCU SEND DATA OVER
int PIN_BRTS = 2;

//BCTS TO LOW : MODULE SEND DATA TO MCU START
//BCTS TO HIGH: MODULE SEND DATA TO MCU END
int PIN_BCTS = 3;
//
//注意事項:Bシリアル
//
String inDataStr;

void setup() {
Serial.begin(9600);
while (!Serial) ; // wait for Arduino Serial Monitor to open
Serial.println(“AltSoftSerial Test Begin”);
altSerial.begin(115200);
}

void loop() {

if (digitalRead(PIN_BCTS) == LOW){
Serial.println(“PIN_BCTS LOW”);

//init
inDataStr = “”;

while(digitalRead(PIN_BCTS)==LOW){
while (altSerial.available() > 0)
{
char recieved = altSerial.read();
inDataStr += recieved;

// Process message when new line character is recieved
//                  if (recieved == ‘\n’)
//                  {
//                      Serial.print(“Arduino Received: “);
//                      Serial.print(inDataStr);
//                      //inDataStr = “”; // Clear recieved buffer
//                  }

}

}
Serial.println(inDataStr);
delay(1);
}
//—————————————————-
//MCU – > MODULE データ発信開始
//—————————————————-
digitalWrite(PIN_BRTS,LOW);
// Serial.println(“PIN_BRTS LOW”);
delay(2);

//———————–
//データを書き込む
//———————–
altSerial.print(“123”);

delay(5);
//—————————————————-
//MCU – > データ発信完了
//—————————————————-
digitalWrite(PIN_BRTS,HIGH);
//Serial.println(“PIN_BRTS HIGH”);

}

[商品No:509] Bluetooth 4.0 Module BLE CC2540/1 RF-BM-S02

[google-translator]

このモジュールはスレイブ(Slave)モジュールになります。

Chip:
TI CC2540

資格/認証:
BQB (EPL),FCC,CE,ROHS
https://www.bluetooth.org/tpg/EPL_Detail.cfm?ProductID=34109#

消費電力:

通信時
TX Current <= 0.5mA
RX Current <= 0.5mA

スタンバイ
0.3μA~0.4μA

信号:
3固定無線チャネル、37適応自動ジャンプ周波数チャネル通路

規格:
11.2 mm x 15.1 mm x 1.9 mm

特徴:
幅広い分野例えば楽器やメートル、物流追跡、ヘルスケア、インテリジェントな家庭、スポーツ計測、自動車用電子機器、玩具の開発が可能

PIN No 名称 PIN別名 in Chip I/O
PIN1 GND
PIN2 VCC 2V-3.6V
PIN3 IO7 P2.2 O スタンバイ状態出力 LOW:動作中 HIGH:スタンバイ状態
PIN4 IO6 P2.1 O 接続状態出力    LOW:接続済 HIGH:未接続
PIN5 RES RST I リセット LOW:リセット
PIN6 EN P2.0 I On/Off スイッチ
LOW:周辺設備から検索可能な状態 HIGH:無条件スタンバイ
PIN14 BRTS P0.5 I 受信合図(モジュールを喚起する)
LOW:マスターからデータが送信される、モジュールはそのデータを受信できる状態になる

HIGH:マスターからのデータを受信済み、

PIN15 BCTS P0.4 O 送信合図(Option)
LOW:モジュールからマスターにデータ送信を開始
HIGH:モジュールからの送信完了、自動的にHIGHの状態になる
PIN16 TX P0.3 O シリアル送信
Pin17 RX P0.2 I シリアル受信

 

 

1

———————————————————————————————————————————

BLEプロトコル仕様(APPインタフェース

UUID:0xFFE5

FFE9
(handle: 0x0013)

可能な操作:Write

TX出力)データはシリアルポートから書き込まれます

 

UUID:0xFFE0

FFE4
(handle: 0x000E)

可能な操作:notify

(RX入力)シリアルポートRX入力からのデータをモジュールに接続されているデバイスに通知する

[商品No:517] FT232RL USBシリアル変換モジュール

[google-translator]

Chip:FT232
Driver:
http://www.ftdichip.com/FTDrivers.htm
規格:
17mm×32.5mm
PIN:
DTR  RX  TX  VCC   CTS   GND
特徴:
・ArduinoのMiniPro,LilyPadのプログラムの書き込みに最適、
PINの位置が一致(DTR  RX  TX  VCC   CTS   GND )
・ボードから外部に3.3Vと5Vの2種類の電源を供給

222

T2.CcSXidXXXXXXXXX_!!361121710